会議

MRは製薬会社の営業部門で働く職種で、その会社の医療用薬品(医師の処方薬)などの医療情報を、医療機関に出向いて医師や看護師、薬剤師に提供する仕事です。
薬や医療に関する知識とともに、営業職としての能力が問われる仕事です。
MRは転職率が高い仕事です。
製薬会社に勤務しているため、転勤があります。
家族がいると転勤が難しい場合や、親の介護の問題で転勤することができないなどがあり、別の製薬会社に移ることが多くなります。
現在MRは5万4千人ほどの人数がおり、今後もほぼ現状維持の状態です。

MRの転生率の高さのため、転職サイトがいくつも存在します。
一般のサイトもありますが、MRの転職に特化したサイトもいくつかあります。
会社を変える契機が転勤の場合ももちろんですが、他社と比較して自分の年収が低いという理由で転職を考える場合もあります。
内部の事情を知るという点でも、専門のサイトを活用すると有利です。
求人が非公開の場合でも、転職サイトに情報がはいるということもあります。
自分の希望する製薬会社の求人の情報を得ることができます。
また、転職に際して、製薬会社に就職するのではなく、派遣会社に登録し、コントラクトMRとして働く形態も選ぶことができます。
MRは営業職ですので、かならずしも薬剤師の資格を必要としません。
現在約半数は文系出身者で、薬学部卒は20パーセントほどです。
文系出身者でも製薬会社に就職してから、MR研修が必須であり、その中で「医薬品情報」と「疾病と治療」を学びます。
つまり優秀なMRは必ずしも薬剤師である必要はないということになります。
製薬会社にとっては業績のいい人材が必要だということです。
そこで他の人と差をつけるために、営業成績を上げることは不可欠ですが、転職のときに、認定資格をもっていると有利となります。
どの職種でも、次の会社での面接が重要になります。
とくに営業職であるので、対人関係を面接の場でチェックされることが多いでしょう。
転職サイトは、テクニック面でのサポートも行っています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    キァリアウーマン

    必要になる能力

    医療従事者がいつの時代も人々にとって必要であるように、製薬会社も重要です。製薬会社は医師や薬剤師にとって最も手...

    Readmore
    エリート

    募集している会社の種類

    MRとはメディカル・リプレゼンタティブの略称であり、医薬情報担当者と言う意味があります。国家資格を取得して薬剤...

    Readmore
    会議

    転職率が高い仕事

    MRは製薬会社の営業部門で働く職種で、その会社の医療用薬品(医師の処方薬)などの医療情報を、医療機関に出向いて...

    Readmore